相模湾での釣果をメインに報告


by 5oxpnsvf9u

水木さん生家も妖怪観光の名物に…案内標柱設置(読売新聞)

 鳥取県境港市出身の漫画家・水木しげるさん(87)の生家があった同市入船町の県道沿いに2日、「水木しげるが幼少を過ごした地」の案内標柱(高さ1メートル、幅20センチ)が設置された。

 観光客から「生家の目印がほしい」との声が多く寄せられ、市が「妖怪観光の素材の一つに」と造った。

 六角形の灰色の自然石に文字を刻み、水木さんの姿を漫画風にデザインしたブロンズのレリーフを取り付けた。費用は約20万円で、水木プロダクションからの寄付金を市が積み立てている「水木しげる基金」で賄った。

 現地は、水木しげる記念館の東約800メートルの境水道の近くで、市観光協会の「境港妖怪ウオーク」のコースにも入っている。水木さんの妻・布枝さん(78)が主人公のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の放送も29日から始まり、市貿易観光課の担当者は「新しい名物になってほしい」と期待している。

地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)
放浪記 5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承(医療介護CBニュース)
<天皇陛下>内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減−感染研(時事通信)
[PR]
by 5oxpnsvf9u | 2010-03-06 05:52